贈与

生前贈与贈与とは、その名の通り、被相続人(相続される人)が生きているうちに、自分の財産を人に分け与えてしまう行為です。 被相続人が生存中にしかできないので、生前贈与とも言われます。
贈与することによって、自分の財産を減らし、将来発生する相続税の負担を減らすために利用されたりします。

生前贈与

遺留分減殺請求
遺留分が侵害されている場合、被相続人から遺贈された人や、生前贈与された人に対して、侵害された遺留分を返還して下さいと請求できる権利です。

生前贈与

生前贈与における注意点

【生前贈与の証拠を残す】

書面を作成しなかった贈与に関しては、車などの動産の場合は引き渡しが可能ですし、不動産の場合は名義変更の登記をするまでは一方的に取り消すことができるとされています。 ただ無償とはいえ、一度行った約束を守ってもらえないとなればトラブルにもなりかねませんので、あらかじめ贈与の約束は必ず書面にして残しておきましょう。 生前贈与は相続税対策として行われることがありますので贈与を証明する書面がないとさまざまな税務上の特例を受けることができなくなる場合もあります。贈与の約束は必ず書面にして残しておきましょう。

【遺留分減殺請求について】

相続が開始する前1年以内になされた贈与に関しては遺留分減殺請求の対象となります。 また、贈与する被相続人と贈与を受ける方の双方が、その贈与を行うことによって遺留分を侵害することを知っていたときは1年以上前のものであっても遺留分減殺請求の対象となりますので、ご注意ください。なお、相続税との関係では、相続が開始する前3年以内になされた相続人に対する贈与について、贈与した財産を相続財産に加えて計算しなければならないことになっておりますので、この点についてもご注意ください。

【配偶者控除を活用した生前贈与の条件】

婚姻期間が20年以上であること(内縁関係は除く)

贈与された財産が居住用不動産(家屋or家屋とその敷地)であること

贈与を受けた年の翌年の3月15日までにその不動産に居住し、その後も引き続き居住する見込みであること

同じ配偶者からの贈与について、この配偶者控除を受けたことがないこと

ただしこの控除は同一の夫婦であれば生涯で1回しか使用できません。

【住宅取得等資金にかかる贈与税の非課税制度】

子供や孫が家の購入などを考えている場合に父母や祖父母が自宅の新築や増改築、購入の為にかかる金銭を子供や孫に一定の金額を非課税で贈与できる制度です。

【贈与登記】

贈与は口約束でも、成立しますが、後日の証拠として書面に残しておくことが重要です。また、上記の税務上の特例を受ける場合も書面が要求され、それが不動産の場合は登記事項証明書(登記簿謄本)が要求されます。

生前贈与に関する各種料金表

■手続き内容 費用(実費は別途)
贈与登記
52,500円~
※その他の業務の料金についてはお気軽にお問い合わせください。 contact
Copyright© 2013 みさとリーガルサービシス All Rights Reserved.